看護セミナー


  次回は未定です。

看護セミナー報告


令和 元 年5月18日(土)看護セミナー
「心不全に対する緩和療法について」
                    大阪医科大学 循環器内科 専門教授 星賀 正明

 (公社)大阪ハートクラブ看護セミナーを、2019年5月18日(土)に大阪医科大学看護学部 講堂で開催した。今回は、テーマを「チーム医療における心不全緩和ケア」とし、20施設73名の参加をいただいた。 まず、昨年4月から末期心不全に対する緩和ケア加算が算定されるようになった事を紹介し、 当院での取り組みを緩和ケア専門医桑門 心先生より報告いただいた。 第1部では、末期心不全の事例を題材として、多職種によるラウンドテーブルディスカッションを行なった。兒島理沙慢性心不全看護認定看護師が進行役になり、循環器内科医の坂根和志先生、 デバイスに関わった心臓血管外科医の森本大成医師、長?美奈子緩和ケア認定看護師・がん看護専門看護師、心臓リハビリテーション担当の原田靖章理学療法士、平澤有美子管理栄養士がそれぞれの立場から、事例への関わりとチーム医療の重要性を話した。各医療者が患者本人や家族の思いを、様々な機会を通じて拝聴し、チームとして情報共有していく過程が時系列で示された。会場から 緩和ケアチームを立ち上げ時の工夫について質問があり、事例をチームで取り組んでいく重要性が共有された。 第2部では、姫路循環器病センター大石醒悟先生に「チームで取り組む心不全の緩和ケア」の 御講演をいただいた。まず緩和ケアチームはコンサルテーションに特化する事、チーム内で信念が対立する場面では定義を共有した上で、得られた実践知を共有し各職種の専門性を加えるのが鍵と述べられた。次に心不全の緩和ケアはStage Cから考慮に入れていくべきで、ACP(アドバンスケアプランニング)の重要性を示された。ACPでは、代理意思決定者の選定や専門職者と話し合うプロセスそのものが大切で、実践の場面ではask→tell→askというアプローチを教えていただいた。 うまくいかない場合には最初のaskが欠けている例が多く、シビアな病状説明(tell)の前に、患者・家族の思いをaskにより表出してもらうと良い。自験では在宅看取りになった例も多く、退院前 カンファレンスでACPを実践されていることを話された。今後は、地域とのネットワーク作りが 重要であると締めくくられた。 最後に、大阪医科大学附属病院中山サツキ看護部長から閉会のご挨拶をいただいた。今回の開催に際し、多くの方々にご尽力いただきました。この場をお借りして深謝申し上げます。  


平成30年5月26日(土)看護セミナー
「心不全における患者教育と地域連携」
                大阪市立大学医学部附属病院 循環器センター看護師長 南條 幸美

  2018年5月26日に大阪市立大学医学部4階中講義室にて、22施設82名の参加者を迎えて看護 セミナーを開催いたしました。  今回のセミナーは「心不全における患者教育と地域連携」をテーマとしました。 第一部では、「心不全における患者教育と多職種での取り組み」として、大阪市立大学医学研究科循環器内科学の柴田敦先生より、心不全の疫学や治療など基礎的な講演をしていただいたあと、 当院で2011年から実施している多職種による患者教室と個別的患者指導について、中川夏輝看護師、櫻井紀宏薬剤師、河合杏奈管理栄養士、清水将史認定理学療法士から現状と課題を提示していただきました。入院期間が短縮するなかでの効果的、効率的な患者教育について考えることができました。 第二部では、「都市部における地域連携の問題点と新たな取り組み」として、大阪市立大学医学 研究科循環器内科学の花谷彰久先生より「都市部における地域連携の問題点」と、大阪市立大学 医学部附属病院 慢性心不全看護認定看護師 阪口綾香先生より「認定看護師の外来看護実践から考える患者教育と連携」について講演をしていただきました。花谷先生の講演では、社会の高齢化に伴い特に都市部で心不全患者が増加し非循環器専門医を含めた地域での診療が必要になってくることや、患者によって利用する基幹病院とかかりつけ医の組み合わせが様々で、医療機関ごとの 指導内容や緊急時対応、管理方法が異なることなどの問題点をあげていただきました。それを解決するために、大阪心不全地域医療連携の会で作成されたハートノート・心不全ポイントの活用について説明をしていただきました。また、阪口先生の講演では、外来での実践をとおして、患者・ 家族の在宅でのセルフモニタリングや、受診のタイミングの判断がむずかしいことがあげられ、 病棟・外来と地域との連携についての課題をあげていただきました。ハートノートなどのツールを、訪問看護師やケアマネージャーなど在宅療養にかかわる職種の方にも活用をしていただいて、連携 につなげていければと考えています。 2017年度改訂の急性・慢性心不全診療ガイドラインでは、患者教育、患者あるいは医療者による症状モニタリング、治療薬の調節,看護師による継続的なフォローアップなどで構成される疾病管理プログラムは、心不全の生命予後やQOLの改善に有効であるとし、多職種でのチームアプローチによる疾患管理の重要性が示されています。今回のセミナーが、多職種での患者教育や地域連携へのきっかとなれば幸いです。 最後になりましたが、セミナー開催にあたり、講師の方々をはじめご協力いただいた関係各位に心より御礼申し上げます。


平成29年5月20日(土)看護セミナー
「認知症合併心疾患患者の支援」
                    近畿大学医学部 循環器内科   山本 裕美

  2017年5月20日に大阪堺市のパンジョホールにて73名の参加者を迎え看護セミナーを開催致しました。今回のセミナーには約100名強の参加希望を頂いたにもかかわらず、会場収容人数の関係で30名以上の方をお断りしなければならなかった事に対し、この場をお借りしてお詫び申し上げたいと存じます。 今回のセミナーは、年々増え続ける高齢心疾患患者、特に認知症合併患者のケアに焦点をおき、「認知症合併心疾患患者の支援」をテーマと致しました。当院では昨年から、高齢者・認知症患者に対する取り組みとして高齢者・認知症ケアサポートチームが始動しており、まずはメンバーであるリハビリテーション科の花田一志先生および認知症看護認定看護師の中尾有花看護師にご講演いただきました。花田先生からは「高齢者・認知症ケアサポートチームの意義と当院での活動」と題して、認知症の診断や治療についての現状、また入院中の認知症患者が目的の治療を完遂できるよう、個々の患者に対し、医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士などの多職種がチームとなり議論しつつそれぞれの観点から介入しているという具体的な活動内容についてお話いただきました。  中尾看護師からは「認知症高齢者を理解するケアの視点」と題して、日本の高齢化の現状、認知症者のアセスメント、循環器疾患のある認知症者のケア、これらの患者に対する急性期病院と地域との連携についてお話いただきました。中尾看護師に対しては会場からも多数の質問があり、認知症患者のケアへの関心の高さを実感したと同時に、両講演を聴講し、我々循環器内科医の認知症合併心疾患患者への対応にも改善すべき点があることに気付かされました。次に、「高齢者における 薬剤コンプライアンス〜循環器治療薬・抗血栓療法の問題点」と題し、近畿大学医学部循環器内科 安岡良文先生にご講演いただきました。近畿大学医学部付属病院の循環器診療に携わる看護師を 対象に行ったアンケート結果を分析した結果、ここ数年で急増した新規抗凝固薬に対する看護師の認知が不十分であること、また抗血栓薬内服患者の転倒や服薬間違いに遭遇する機会も多いことが紹介され、高齢者や認知症患者に多く認められる転倒や誤服薬のリスクについての考え方、対応についてお話がありました。最後に、「認知症合併心疾患患者の暮らしを支える地域連携 〜多職種でつなぐ病院と地域〜」と題して、近畿大学医学部付属病院から心不全認定看護師であり病棟看護師の加藤看護師、退院支援担当の若松看護師、地域連携パス作成担当の岩瀬看護師、地域医療の立場として富田林病院地域連携室の六波羅看護師、和田ケアマネージャーに参加いただき、地域との 連携に苦慮した、多くの併存疾患を持つ認知症合併心不全症例についてそれぞれの立場から討論が行われました。前半で講演いただいた講師の方々、会場参加者の方々からも意見をいただきながら議論が進み、疾患や環境に対する配慮だけでは済まされない認知症患者の地域連携の難しさが改めて認識されました。認知症患者の増加に伴い厚生労働省が推奨している認知症連携パスの存在も紹介されましたが、現在のところ運用が成功しているという報告は少ないとのことで、現時点では個々の症例に応じた詳細な情報の共有で地域と連携していくしかない印象でしたが、今後の課題克服が期待されるところです。 最後になりましたが、今回のセミナー開催にあたり、講師の方々を始めご協力頂きました全ての方々に心より御礼を申し上げ、ご報告とさせて頂きます。


平成28年5月21日(土)看護セミナー
「高齢慢性心不全患者へのアプローチ」
                    関西医科大学内科学第二講座  塩島 一朗

 2016年5月21日に関西医科大学枚方学舎1階加多乃講堂において88名の参加者を迎え看護セミナーを開催いたしました。今回は「高齢慢性心不全患者へのアプローチ」をテーマとしました。 社会の高齢化や虚血性心疾患に対する治療の進歩に伴い高齢の心不全患者が増加しています。今回のセミナーでは管理栄養士、臨床心理士、健康運動指導士、看護師、医師、とさまざまな職種の方からそれぞれの立場で高齢心不全患者さんにどのように向き合うかについてご講演いただきました。  管理栄養士の吉内さんからは、「高齢心不全患者の栄養管理」と題して、栄養管理の観点から心不全患者さんの指導をどのようにおこなうかについてお話しいただきました。高齢心不全患者さんでは特に良質の蛋白質を中心に十分な栄養を摂れるようにすべきであることを教えていただきました。臨床心理士の藤井さんからは、「心不全患者の心理傾向について」と題して、タイプDパーソナリ ティや抑うつ傾向を中心に心不全患者さんの性格や行動様式についてお話しいただき、心不全の病態だけでなくその背景にある心理的な要因に介入していくことの重要性を認識できました。健康運動指導士の高尾さんからは、「高齢者心不全患者の運動療法」と題して、高齢者心不全患者さんに運動療法を進めていく上での注意点について実例を交えながらお話しいただきました。入院中だけでなく退院後も運動療法を継続していくことの重要性が実感されました。慢性心不全看護認定看護師の大北さんからは、「看護外来における心不全患者支援」と題して、心不全看護外来における実践報告をしていただきました。医師による短時間の外来のなかではなかなか実行することが難しいきめ細かな患者ケアの具体例についてご紹介いただきました。最後に特別講演として健康科学センター教授の木村先生から、「心不全とサルコペニア」と題して、心不全患者さんにおける骨格筋萎縮・筋力低下についてお話しいただきました。高齢者では骨格筋の萎縮とそれにともなう筋力低下(サルコペニア)が問題となっていますが、サルコペニアが心不全の病態にも影響を及ぼしていることについて、基礎的な側面も含めて紹介いただきました。今回のセミナーを通して、心不全患者さんの治療をおこなうには、心臓だけを見ていては不十分であり、さまざまな観点からの多面的アプローチが重要であることを再認識できました。  最後になりましたが、セミナー開催にあたり、講師の方々をはじめご協力いただいた関係各位に心より御礼申し上げます。

 


平成27年5月16日(土)看護セミナー
「重症心不全患者の看護を考える」
                    大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学  坂田 泰史

 2015 年 5 月 16 日に大阪大学吹田キャンパス内の銀杏会館において、169 名と非常に多くのご参加をいただき、看護セミナーを開催させて頂きました。
 今回のテーマは、「重症心不全の治療と看護」として、心不全の中でも重症例における治療と看護について取り上げました。
 まず、「看護師に知って欲しい重症心不全治療の現状と問題点」と題した基調講演を大阪大学医学部附属病院循環器内科 木岡秀隆先生よりご講演いただきました。stageDを中心とした重症の捉えかた、およびその治療方針と現在抱える問題点について解説があり、補助人工心臓によるdestination therapyの可能性についてなどの紹介がありました。次に、「当院における重症心不全患者への看護の実際」と題し、大阪大学医学部附属病院看護部 会田絵理子看護師より多数の重症患者を抱える大阪大学医学部附属病院における看護の実践報告をして頂き、心臓移植待機患者の抱える葛藤や繰り返す再入院に対する心不全手帳および情報収集シートを用いた介入の試みが紹介されました。
 最後に、大阪大学医学部附属病院看護部 増田容子看護師から『末期心不全患者の緩和ケアに関する一考察』として、心不全入院を繰り返し、最終的に緩和ケアに移行した重症心不全症例の提示があり、姫路循環器病センター看護部 田中奈緒子看護師、淀川キリスト教病院看護部 猪之奥香織看護師、大阪大学医学部附属病院看護部 清原奈緒看護師らコメンテーターを中心に、緩和ケアを考える上で重要な病状理解や目標設定に難渋する状況において、患者の希望、医学的な要素、社会的な要素に対する医師、看護師のそれぞれの視点から見た考え方についての討論が交わされました。  会場にはコメンテーター以外にも多くの慢性心不全認定看護師の方々も参加されており、それぞれの施設における取り組みや同様の症例経験などが紹介され、活発な意見交換により重症心不全、末期心不全患者における問題点が再認識されました。これらの問題点を解決すべく今後の研究への発展が期待されるところであります。  今回のセミナー開催に当たり、ご尽力くださいました多くの関係者に、この場を借りて深謝を申し上げます。

 


平成26年5月31日(土)看護セミナー
「よりよいハートチームをつくるために」
                    大阪医科大学循環器内科  星賀 正明

 2014年5月31日に大阪医科大学看護学部講堂において、97名の参加者を迎えて看護セミナーを開催致しました。
 今回のテーマは、「よりよいハートチームをつくるために」として、循環器領域におけるチーム医療に関する話題を取り上げました。
 まず、「心臓リハビリテーションにおけるチーム医療」を大阪医科大学附属病院リハビリテーションセンター理学療法士主事 原田靖章先生と大阪医科大学循環器内科助教 坂根和志先生から御講演いただきました。現在の看護師、理学療法士、医師のチームに加え、薬剤師、栄養士、心理士など、より多職種が参加できる体制作りの重要性が話し合われました。
 次に、「すべてのメンバーが主人公となる小児先天性心疾患チーム医療をめざして」を大阪医科大学心臓血管外科准教授 根本慎太郎先生から御講演いただきました。先天性心疾患チームは、強固なチームワークで出生前診断も含めて地域に密着したすばらしい医療を提供されています。リエゾン専門看護師や心理士が積極的に関与することで、患者様やご家族に寄り添うことが重要であると認識致しました。また、今後増加する成人先天性心疾患に関しては、今まで先天性心疾患の経験の少ない成人循環器領域の看護師や医療スタッフに対する教育が必要であることなどが話し合われました。
 次に、大阪医科大学看護学部看護学科准教授 松尾淳子先生から、「携帯型エコーの看護への応用」を最新の話題として御講演いただきました。看護領域において、穿刺静脈の観察や褥瘡の評価を行う際に、エコーは強力なツールになることが紹介されました。エコー機器もスマートフォンサイズにコンパクトになり、看護の分野でもベッドサイドで汎用される日が近いことを実感しました。
 最後に、公益社団法人 兵庫県看護協会 慢性心不全認定看護師教育課程主任教員 前田靖子先生から、「心不全チーム医療の要となる慢性心不全看護認定看護師の役割」のタイトルで御講演いただきました。全国で2カ所しかない慢性心不全認定看護師教育課程の教育理念や目標が明確に示され、大変感銘を受けました。会場には慢性心不全認定看護師の方が数名参加されており、ハートチームの要として活躍されている現状が紹介されました。今後は、専門外来の開設を目標として掲げられていました。
 循環器領域におけるチーム医療の重要性と質の向上にむけて、活発な質疑応答がなされていました。今回のセミナー開催に当たり、ご尽力くださいました多くの関係者に、この場を借りて深謝を申し上げます。

 

平成23年5月21日(土)看護セミナー
   「不整脈の治療と看護」
                  大阪市立大学大学院医学研究科 循環器病態内科学  花谷 彰久
 平成23年5月21日、大阪市立大学医学部4階中講義室にて110名と多数の参加者を迎え看護セミナーを開催いたしました。
 今回のセミナーは、“不整脈の治療と看護”のタイトルで、最近広く使用されるようになった植込み型除細動器(ICD)に関する話題を中心に行いました。ICDは、Brugada症候群や重症心不全を背景に生じる致死的不整脈による突然死を予防する非常に有用な治療法です。特に看護師の方々にとっては、ICDに対する正しい知識を持つことだけではなく、ICD植込術の周術期看護や、ICD患者特有の植込後の精神的サポートも要求されます。
 そこで今回は、前半に3名の講師の方々から、ICDの適応や作用機序、周術期の看護について、また最近導入が始まったホームモニタリングシステムについて講演していただきました。後半では、神戸大学大学院保健学研究科看護学 領域看護実践開発学分野療養支援学の齊藤奈緒先生よりICDなどデバイスを植込まれた患者さんの看護支援についてご講演いただきました。
 まず、大阪市立大学大学院医学研究科 循環器病態内科学講師 高木雅彦先生からは、“ICDを用いた重症不整脈の治療?ホームモニタリングの有用性?”と題して、ICDの適応や不整脈を停止させる作用機序について説明いただき、その後、最近当院でも導入されましたホームモニタリングシステムについて解説いただきました。ホームモニタリングとは、ICD植込み患者さんの自宅ベットサイドに通信端末器を設置し、ICD作動状況などのデータをその通信端末器から、電話回線(有線または無線)を利用して決まった日時に病院にデータが送信されるシステムです。これにより、定期受診時に行っていたデータチェックが診察前に終了しているため、外来診療時間の短縮や診療の効率化につながります。また、あらかじめ設定された注意喚起(アラート)が発生すると、定時送信日以外でもデータが送信されてくるため、早期に対応でき重症化を防げるとのことでした。
 次に大阪市立大学医学部附属病院循環器センター看護師 中恵美先生からは、“遠隔モニタリングシステム導入における活動”と題して、システム導入にさいして、医師、看護師、臨床工学士など種々の職種がチームとなってそれぞれの役割を明確にすることや、実際の導入に際して、患者さんがどのように反応したかなどについてお話いただきました。引き続き、同循環器センター看護師 山村麗子先生からは、“デバイス植込み術を受ける患者への看護”と題して、術前の安静度や不整脈モニタリングの重要性や、術後の創部管理、特に血腫を起こしやすい患者の選別とその対応について解説いただきました。
 後半では、神戸大学大学院保健学研究科の齊藤奈緒先生から、“デバイス植込み患者への支援体制構築における課題?ICD, CRT-D植込み患者の療養経験にそう看護支援?”と題して、ご講演いただきました。齊藤先生は、心不全など慢性疾患をもつ患者の場合、病気(disease)と共にその人の人生あるいは生活(illness)を一つの繋がった軌跡として捉えることの重要性、また疾病による身体状況の変化(悪化から改善)と心理的状況の変化には時間的乖離があり、それを踏まえた療養経験にそった患者教育、看護支援が重要であることを強調されました。
 また、今回のセミナーは、日々の診療現場で遭遇する話題が中心であったため、各セッションでは、フロアーからも、日々疑問に思われていることについて多数質問があり、活発な討論が行われ、活気ある中でセミナーを終えることができました。
 最後に、今回のセミナー開催にあたり、ご協力頂きました講師の先生方を始め全ての方々に心より御礼を申し上げ、ご報告とさせて頂きます。

 

 

平成22年5月8日(土)看護セミナー
「循環器疾患患者の予防・治療と看護  〜患者をささえるチーム医療〜 」
                          近畿大学医学部循環器内科  山本 裕美

 平成22年5月8日、社団法人大阪看護協会(ナーシングアート大阪)内・3階研修室FGにて92名の参加者を迎え看護セミナーを開催いたしました。
 今回のセミナーの企画にあたっては、循環器疾患に携わる看護師の皆さんが今知りたいこと、知っておくべきことは何なのかという観点で考えて参りました。周知のごとく、現在循環器疾患(心疾患)は日本人の死因の第2位を占めており、虚血性心疾患及び心不全は増加の一途をたどっています。また心不全リピーター入院は大きな問題となっており、もはや医師側からの治療アプローチだけでは単純に解決できない現状があります。そんな中で、最近のトピックスとして“慢性心不全認定看護師”の誕生があり、この様な認定看護師が必要とされる背景について考えた際に“チーム医療”“トータルケア”というキーワードが浮かび上がってきました。と言うわけで、今回のセミナーは “循環器疾患患者の予防・治療と看護〜患者をささえるチーム医療”と題し、前半に慢性心不全認定看護師、虚血性心疾患治療の実情について2名の先生によるご講演をお願いし、後半はシンポジウム形式とし多職種の4名の先生方によるご講演とパネルディスカッションをお願い致しました。
 まず“慢性心不全認定看護師の誕生!”と題して、社団法人大阪看護協会会長 豊田百合子先生から、循環器疾患の疫学に始まり日本循環器看護学会発足から慢性心不全認定看護師誕生までの経緯及びその存在意義、また研修施設や募集内容等につき最新の情報を交えご講演いただきました。最後には、南アフリカでのICN(国際看護師協会)大会参加時のスライドもご提示いただき、参加者に“皆、世界に羽ばたいて!”とのエールが送られました。
次に“心血管カテーテル治療の実情−事故対策を含めて−”と題して、近畿大学医学部循環器内科主任教授 宮崎俊一先生から、カテーテル治療の種類、治療メカニズム等の基礎的なところからバルーンやステントの写真及び冠動脈造影の動画を交えて治療の実際、また治療による合併症についてご講演いただきました。カテーテル治療は多職種によるチーム医療で成り立っており事故発生時には単職種だけで検討するのではなく多職種で検討し問題解決することが最善の対策であり重要であるとのメッセージを頂きました。
後半の“心不全患者のトータルケア〜病院から地域へ〜”と題したシンポジウムでは、まずソーシャルワーカーの立場から近畿大学医学部附属病院事務部 小西直毅先生に、管理栄養士の立場から同病院栄養部 菅野真美先生に、薬剤師の立場から同病院薬剤部 松浦直子先生に、訪問看護師の立場からケア南海株式会社訪問看護ステーション 中山マキ子先生にそれぞれご講演いただきました。その後のパネルディスカッションでは、会場からも議論に参加いただき、普段では直接顔を合わせて議論する機会の少ない他職種の先生方の率直な意見を耳にすることが出来たことは有意義であったのではないかと思います。それらの議論の中で、訪問看護の実情とその重要性を改めて実感しましたが、病院と地域がお互いまだまだ連携不足でありシンクロしていない現実にも気付かされました。心不全リピート入院患者に関しては、患者背景、社会的背景の多様化に伴い、様々な背景に適したサービスの活用とケアが必要とされており、これらを実現するには多職種の関わりが必然となってきています。この様な大きな問題を議論するには少々時間が足りなかったかもしれません。しかしながら、今回のセミナーが、“患者のトータルケア”“チーム医療”という点において、各々がどういった形で参加しシンクロしていくかを考えるきっかけとなり、患者にとって最善でありより質の高い医療の提供という普遍の目標の達成のために少しでも貢献できたなら幸いに思います。
 今回のセミナーに関しては、会場の都合により参加人数に定員を設けさせていただきました。しかしながら、予想を上回る大勢の参加希望を頂き、結果として20名以上の参加希望の方をお断りしなければならなかった事に対し、この場をお借りして深くお詫び申し上げたいと存じます。
 最後に、今回のセミナー開催にあたり、ご協力頂きました講師の先生方を始め全ての方々に心より御礼を申し上げ、ご報告とさせて頂きます。

CONTENTS

抄録集

報告書

報告書

この見出しは

公益社団法人 大阪ハートクラブ事務局
 〒590-0021
 大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町
        1-1-16-C-15
     電話:072-232-0550
     FAX :072-232-0550
  (月・水・金10:00〜17:00)

MAIL