超音波セミナー開催

 

次回は未定
  

超音波セミナー報告

「 心エコー塾 2019.2.2 」報告書
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻機能診断科学講座  中谷 敏

 今年も大阪大学医学部附属病院卒後教育開発センターの後援の下、2019年2月2日、大阪大学医学部附属病院14階会議室において大阪ハートクラブ超音波検査セミナー「心エコー塾」を開催させていただきました。このセミナーは少人数で自由に質問できる雰囲気を大切にしたいと考え、「塾」と名付けて10年前から年度末に一度開催させていただいています。  今回は救急現場や当直中の心エコー検査をイメージし、大阪大学医学部循環器内科の仙石 薫子先生による「救急外来で必要とされる心エコー指標とその解釈」、大阪大学医学部保健学科の浅沼俊彦先生による「胸痛患者のみかた」、大阪警察病院循環器内科の竹田泰治先生による「急性心不全のみかた」、大阪大学医学部循環器内科の大西俊成先生による「慢性心不全のみかた」、 国立循環器病研究センター心不全科の天野雅史先生による「トリアージエコーの神髄を知る」、そして最後に私が心エコーに関する質問に何でも答えるという「Q & Aコーナー」と計6つのセッションを行いました。講演はいずれも熱のこもったものでたいへん勉強になりました。  心エコー検査が他の検査と違うのは検査者自らが能動的に関われるという点です。言い換えると、検査をしていく過程で自分の疑問が自分の力でどんどん解消されていき、治療方針が見えてくるわけで、まだ診断がついていない救急現場では特に必要不可欠な検査だと思います。その意味では是非若い先生方にこそ身につけてほしい手技であり、心エコー塾のような場を大いに活用してもらいたいものです。また日頃心エコー検査に携わっている技師さんにとっても、ともすれば独善的になる検査の仕方を時折再チェックすることが必要です。その点からもこの心エコー塾は大いに意味があるのではないかと思っています。  昨年は宣伝活動が十分でなかったせいかあまり多くの方に参加いただけませんでした。そこで今年は幾つかの知り合いの施設に声をかけさせていただくなどした結果、約40名の方に参加いただけました。このことは心エコーセミナーについてのニーズはあるにもかかわらず、大阪ハートクラブ会報だけでは十分な宣伝効果がないことを意味しているのかも知れません。次回以降も、大阪ハートクラブ会員の先生方、あるいは関連施設の先生方が心エコー検査に対しての理解を深めるお手伝いをできるよう努力して参りますので、会員の皆様におかれましては 同僚や部下の先生方、技師さんなどに積極的にお声がけをいただければと思います。どうぞ よろしくお願いいたします。

「 心エコー塾 2018.2.24 」報告書
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻機能診断科学講座  中谷 敏

 今年も大阪大学医学部附属病院卒後教育開発センターの後援の下、2018年2月24日、大阪大学医学部附属病院に隣接した最先端医療イノベーションセンターマルチメディアホールにおいて大阪ハートクラブ超音波検査セミナー「心エコー塾」を開催させていただきました。このセミナーは少人数で自由に質問できる雰囲気を大切にしたいと考え、「塾」と名付けて9年前から年度末に一度開催させていただいています。開催にあたってご協力いただいた大阪大学医学部附属病院卒後教育開発センターの先生方にこの場を借りて感謝いたします。  今回は大阪大学医学部循環器内科の仙石薫子先生による「エコー・ドプラ計測の基礎とコツ」、大阪大学医学部保健学科の浅沼俊彦先生による「虚血性心疾患のみかた」、大阪警察病院循環器内科の竹田泰治先生による「心筋症のみかた」、大阪大学医学部循環器内科の大西俊成先生による「弁膜症のみかた」、大阪大学医学部附属病院超音波センターの勝木桂子技師による「先天性心疾患のみかた」、そして最後に私がエコーに関する質問に何でも答えるという「Q & Aコーナー」と計6つのセッションを行いました。よくある疾患はすべて網羅されており、参加者数が例年よりも少なめだったのが残念でしたが、参加いただいた方にはたいへん勉強になったのではないかと思います。  心エコー検査が他の検査と違うのは検査者自らが能動的に関われるという点だと思います。CTでもMRIでも、特殊な場合を除いてはルーチンで撮られる画像からいろいろな診断が下されるわけですが、心エコーで正しく病態を把握して診断するためには、単にルーチンで撮る断面だけではなく自ら考え工夫して必要な画像を見にいく、断層像もドプラ法も駆使する、場合によっては体位変換や呼吸の仕方まで変えてもらって画像がどう変わるかを見るということまで行って正解にたどりつきます。そのためには解剖、病態、心機能等いろいろの知識が必要とされるわけで、その意味で心エコーは特に若い先生方には学んでほしい手技だと考えています。また日頃心エコー検査に携わっている技師さんにとっても、ともすれば独善的になる検査の 仕方を時折再チェックすることが必要です。その意味でもこの心エコー塾は大いに意味があるのではないかと思っています。  次回以降も、大阪ハートクラブ会員の先生方、あるいは関連施設の先生方が心エコー検査に対しての理解を深めるお手伝いをできるよう努力して参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

「 心エコー塾 2017.3.4 」報告書
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻機能診断科学講座  中谷 敏

 今年も大阪大学医学部附属病院卒後教育開発センターの後援の下、2017年3月4日、大阪大学医学部附属病院において大阪ハートクラブ超音波検査セミナー「心エコー塾」を開催させていただきました。このセミナーは少人数で自由に質問できる雰囲気を大切にしたいと考え、「塾」と名付けて8年前から定期的に開催させていただいています。開催にあたってご協力いただいた大阪大学医学部附属病院卒後教育開発センターの先生方にこの場を借りて感謝いたします。   今回は新築されたオンコロジー棟5階 にあるキャンサーボードホールで開催することができ、おかげさまで新しく明るい部屋でアットホームな雰囲気で会を進行することができました。講義は大阪大学医学部附属病院超音波センターの藤田麻理子技師による「エコー・ドプラ計測の基礎とコツ」、大阪大学医学部保健学科の浅沼俊彦先生による「虚血性心疾患のみかた」、 大阪警察病院循環器内科の竹田泰治先生による「心筋症のみかた」、大阪大学医学部循環器内科の大西俊成先生による「弁膜症のみかた」、大阪大学医学部附属病院超音波センターの勝木桂子技師による「先天性心疾患のみかた」と計5つを行いました。それぞれ30分間の講義でしたが、各分野のエッセンスがおわかりいただけたのではないかと思います。各講義後の質疑に対しても、演者の先生方には教科書には書かれていないようなご自身の経験に基づいた本音をお答 えいただき出席者の方々も得心いただけたのではないでしょうか。また講義終了後に、私が エコーに関する質問に何でも答えるという「Q & Aコーナー」という時間も設定しました。 日頃の皆さんの疑問解消に少しはお役に立てたのではないかと思っています。研修を始めた 先生やエコー初学者にとって心エコーというものに慣れ親しむことは極めて重要です。また 技師さんはともすれば独善的になる検査の仕方を時折再チェックすることが必要です。その意味でこの心エコー塾は大いに意味があるのではないかと思っています。また病院ホールという比較的小さい部屋でお互いの顔が見える環境で行うことができるのも貴重ではないかと考えています。 次回以降も、大阪ハートクラブ会員の先生方、あるいは関連施設の先生方が心エコー検査に対しての理解を深めるお手伝いをできるよう努力して参りますのでよろしくお願いいたします。

「 心エコー塾 2016.2.13 」報告書
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻機能診断科学講座  中谷 敏

 今年も大阪大学医学部附属病院卒後教育開発センターの後援の下、2016年2月13日、大阪大学医学部附属病院14階会議室において大阪ハートクラブ超音波検査セミナー「心エコー塾」を開催させていただきました。このセミナーは少人数で自由に質問できる雰囲気を大切にしたいと考え、「塾」と名付けて7年前から定期的に開催させていただいています。開催にあたってご協力いただいた大阪大学医学部附属病院卒後教育開発センターの先生方にこの場を借りて 感謝いたします。今年は卒後教育開発センターからの案内方法を変更いただいたせいもあり、開業医の先生、勤務医、研修医、心エコー検査技師、臨床工学技士など計45名と例年より多くの方に参加いただくことができました。講義は大阪大学医学部附属病院超音波センターの藤田麻理子技師による「エコー・ドプラ計測の基礎とコツ」、大阪大学先進心血管治療学講座特任准教授の浅沼俊彦先生による「虚血性心疾患のみかた」、大阪大学医学部循環器内科の大西俊成先生による「弁膜症のみかた」、大阪警察病院循環器内科の竹田泰治先生による「心筋症のみかた」、大阪大学医学部附属病院超音波センターの勝木桂子技師による「先天性心疾患のみかた」と 計5つを行いました。また開始前に受講生の方に質問記入用紙を配布しておき、すべての講義が終わったのちに回収してその質問にその場で回答するQ & Aセッションも最後に私が行わせていただきました。それぞれ30分間の講義でしたが、各分野のエッセンスがおわかりいただけたのではないかと思います。各講義後の質疑に対しても、演者の先生方には教科書には書かれていないようなご自身の経験に基づいた本音をお答えいただき出席者の方々も得心いただけたのではないでしょうか。研修を始めた先生やエコー初学者にとって心エコーというものに慣れ親しむことは極めて重要です。また技師さんはともすれば独善的になる検査の仕方を時折再 チェックすることが必要です。その意味でこの心エコー塾は意味があるのではないかと思っています。また病院会議室という比較的小さい部屋でお互いの顔が見える環境で行うことができるのも貴重ではないかと考えています。次回以降も、大阪ハートクラブ会員の先生方、あるいは関連施設の先生方が心エコー検査に対しての理解を深めるお手伝いをできるよう努力して 参りますのでよろしくお願いいたします。

「 心エコー塾 2015.2.7 」報告書
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻機能診断科学講座  中谷 敏

 今年も大阪大学医学部附属病院卒後教育開発センターの後援の下、2015年2月7日、大阪大学医学部附属病院14階会議室において大阪ハートクラブ超音波検査セミナー「心エコー塾」を開催させていただきました。このセミナーは少人数で自由に質問できる雰囲気を大切にしたいと考え、「塾」と名付けて6年前から定期的に開催させていただいています。開催にあたってご協力いただいた大阪大学医学部附属病院卒後教育開発センター岡先生にこの場を借りて感謝いたします。さて当日は、天候にも恵まれ、研修医や他施設に勤務されている心エコー検査技師など約20名弱の先生方にご参加いただきました。講義は大阪大学医学部附属病院超音波センターの勝木桂子技師による「エコー・ドプラ計測の基礎とコツ」、大阪大学先進心血管治療学講座特任准教授の浅沼俊彦先生による「虚血性心疾患のみかた」、大阪大学医学部循環器内科の大西俊成先生による「弁膜症のみかた」、大阪警察病院循環器内科の竹田泰治先生による「心筋症のみかた」と計4つを行いました。また開始前に受講生の方に質問記入用紙を配布しておき、すべての講義が終わったのちに回収してその質問にその場で回答するQ & Aセッションも最後に私が行わせていただきました。それぞれ30分間の講義でしたが、各分野のエッセンスがおわかりいただけたのではないかと思います。各講義後の質疑に対しても、演者の先生方には教科書には書かれていないようなご自身の経験に基づいた本音をお答えいただき出席者の方々も得心いただけたのではないでしょうか。そのかいあってか、最後に回収したアンケートではほぼ全員の方から、今後も参加したい、とのお声をいただき、また講義内容についての5点満点の採点では、平均4.6点と高得点をいただきました。受講者が多岐にわたった割には皆さんにご満足をいただいたのではないかと思います。研修を始めた先生やエコー初学者にとって心エコーというものに慣れ親しむことは極めて重要です。また技師さんはともすれば独善的になる検査の仕方を時折再チェックすることが必要です。その意味でこの心エコー塾は意味があるのではないかと思っています。次回以降も、大阪ハートクラブ会員の先生方、あるいは関連施設の先生方が心エコー検査に対しての理解を深めるお手伝いをできるよう努力して参りますのでよろしくお願いいたします。

「 心エコー塾 2014.3.1 」報告書
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻機能診断科学講座  中谷 敏

  今年も大阪大学医学部附属病院卒後教育開発センターの後援の下、2014年3月1日、大阪大学医学部附属病院14階会議室において大阪ハートクラブ超音波検査セミナー「心エコー塾」を開催させていただきました。このセミナーは少人数で自由に質問できる雰囲気を大切にしたいと考え、「塾」と名付けて5年前から定期的に開催させていただいている次第です。開催にあたってご協力いただいた大阪大学医学部附属病院卒後教育開発センター真野敏昭先生にこの場を借りて感謝いたします。さて当日は、研修医、開業されている先生、他施設に勤務されている心エコー検査技師、学生など約10数名の先生方にご参加いただきました。講義は大阪大学医学部附属病院超音波センターの勝木桂子技師による「エコー・ドプラ計測の基礎とコツ」、大阪大学先進心血管治療学講座特任准教授の浅沼俊彦先生による「虚血性心疾患のみかた」、大阪大学医学部循環器内科の大西俊成先生による「弁膜症のみかた」、同じく竹田泰治先生による「心筋症のみかた」と計4つを行いました。また開始前に受講生の方に質問記入用紙を配布しておき、すべての講義が終わったのちに回収してその質問にその場で回答するQ & Aセッションも最後に私が行わせていただきました。今回は受講対象者として“ある程度、循環器や心エコー検査に対する知識のある人が望ましい”と明記していたこともあり、講演では初心者が陥りやすいピットフォールからやや先進的な知識まで網羅しました。それぞれ30分間の講義でしたが、各分野のエッセンスがおわかりいただけたのではないかと思います。そのかいあってか、最後に回収したアンケートではほぼ全員の方から、今後も参加したい、とのお声をいただき、また講義内容についての5点満点の採点では、平均4.7点と高得点をいただきました。受講者が多岐にわたった割にはほぼ皆さんにご満足をいただいたのではないかと思います。次回以降も、大阪ハートクラブ会員の先生方、あるいは関連施設の先生方が心エコー検査に対しての理解を深めるお手伝いをできるよう努力して参りますのでよろしくお願いいたします。

「 心エコー塾 2013.2.23 」報告書
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻機能診断科学講座 中谷 敏

 大阪ハートクラブは従来から循環器病学の啓蒙活動に熱心に取り組んでこられています。大阪ハートクラブ超音波検査セミナーもその一つであり、私はこのセミナーに「心エコー塾」と名付け、4年前から定期的に開催させていただいている次第です。今年も大阪大学医学部附属病院卒後教育開発センターの後援の下、2013年2月23日、大阪大学医学部附属病院14階会議室において開催させていただきました。ご担当いただいた大阪大学附属病院卒後教育開発センター真野敏昭先生にこの場を借りて感謝いたします。さて当日は、研修医、開業されている先生、他施設に勤務されている心エコー検査技師など約15名の先生方にご参加いただきました。講義は大阪大学医学部附属病院超音波センターの勝木桂子技師に「エコー・ドプラ計測の基礎とコツ」、大阪大学先進心血管治療学講座特任准教授の浅沼俊彦先生に「虚血性心疾患のみかた」、大阪大学循環器内科の竹田泰治先生に「心筋症のみかた」、そして私が「弁膜症のみかた」と計4つを行いました。また開始前に受講生の方に質問記入用紙を配布しておき、すべての講義が終わったのちに回収してその質問にその場で回答するQ & Aセッションも最後に行いました。今回は受講対象者として“ある程度、循環器や心エコー検査に対する知識のある人が望ましい”と明記していたこともあり、講演では初心者が陥りやすいピットフォールからやや先進的な知識まで網羅しました。そのかいあってか、最後に回収したアンケートではほぼ全員の方から、今後も参加したい、とのお声をいただき、また講義内容についての5点満点の採点では、平均4.3点と高得点をいただきました。受講者が多岐にわたった割にはほぼ皆さんにご満足をいただいたのではないかと思います。このセミナーを「心エコー塾」という名前にしたのは、比較的少人数でアットホームな雰囲気の中、受講者から気楽に質問していただき、ディスカッションをしたかったからですが、アンケート結果から判断するにその目的は概ね達成できたのではないかと思っています。次回以降も、大阪ハートクラブ会員の先生方、あるいは関連施設の先生方が心エコー検査に対しての理解を深めるお手伝いをできるよう努力して参りますのでよろしくお願いいたします。